売れないかな?意外と売れた!アイテム

自分が売れないかもしれないと思っている物が意外と売れたりすることがあるって知ってた?ここでは意外と高額で買取ってくれる物について紹介してるから、ぜひチェックしてみてくださいね~。

服・古着

もう着なくなってしまった衣類を処分しようと考えている方は、一度ブランド買取店へ行ってみるとええかもしれんよ?季節物の服の場合は、 その季節の前に売ると高値で買い取ってもらえることがあるからね。

そこで、はじめに考えるのは「どこで買取依頼をするのが良いのだろう?」

「一番簡単で、高く買取をしてもらえるのはどこなんだろう」とはないん?

ブランド品やったら 通常の衣類と比べて高く売れることがあるんで、タンスの肥やしになっている服を査定してみるのもアリやね。 ブランド品のタグやロゴが入ったボタンをオークションで売ると買ってくれる方がいるから、なんでも売ってみるとええねんで。

買取価格のポイント

そのようなときに、一番注目してしまうのは買取金額でっしゃろ?

しかしな、様々なサイトを使ってみると中古服を売るときに考えなければならないことは買取金額だけではいで。返品が出来るのか、返品が無料なのか、買取の際、審査や年齢制限など面倒な手続きはないかとか細かい部分も重要やで。なぜならば、中古の服はほかのブランド品などに比べて、安値が付くことが多いから。バックなどのブランド品など、ある程度一般的な市場価格が決まっているやろし、相場がある物に比べ、服は市場価格がないに等しいんで。さらに着古したものであればあるほど、その状態によって大きく価格が変動するんやで。実際に、10着買取依頼して300円、もしくは0円という例もめずらしないんや。

引っ越しや衣替えを機に捨てるよりは、、、と考えての買取だったらそれほど気にする必要はないかもしれへんが、生活費の足しにしたい、不要な服を現金化したい、、、と本気で考えているやつには、買取金額よりも初めに覚悟が必要というこっちゃなあ。それを考えたときに、送料や段ボールなどを用意する手間がかかってしまうということは、料金に見合わないと感じる原因になりやしないか。そうするとな、一気に後悔を感じることがあるんや。とはいえ、洋服の断捨離には無駄な物を捨てるだけではなく、必要な情報を整理してくれる効果があり大きなメリットでもあるんやで。たとえば、毎朝のコーディネートに悩まされることがなくなること、持っている洋服を把握しているため重複で買ってしまうという買い物の失敗が減ること、クローゼットがすっきりして気持ちがすっきりすることとかやな。「捨てる」では一歩踏み出しにくくても、「売る」では抵抗なくできるのではないでっしゃろ。どんどんたまっていくクローゼットを見てストレスを感じることがなくなるよなあ。このように、古着を売ることは大きなメリットがあるから、一度買取に出してみる価値は大きいぞ。これを機会に必要な情報を整理して、心も部屋もすっきりしようやないか。

使いかけの香水

使い替えの香水でも、思っていたより高めで買取ってもらうことがあるの。「香水を買ったはいいけど1本は使い切れない」「もらったけれど好みに合わない」とか、 使いかけの香水でも半分以上残っていれば◎

香水のブランドにもよるけど、一般の香水よりも値段が倍近く高いこともあるみたい。一般的な香水が数十円~500円程度だとしたら、 最高1000円くらいになるんだって。

使いかけの香水は、新品に比べて価値が低いので買取店が求めているブランドの香水であるかがまずは重要や。これを無視していると持ち込んでも意味ないことになるかも。

たとえ、グッチやシャネル、サンローランなど名だたる人気ブランドが出している香水だとしても買取をしてもらえないこともあるんや。注意が必要ってことやで。また、一つ特筆すべき点として、香水とエタノールを混ぜて作る香水は、購入してから時がたつと、色が変わったり、匂いが変わったり劣化することが多い商品でもあるからな。古いもので、アンティークなどと呼ばれるものもあるけれど、(例えば20~30年以上前に製造された香水の中とか。)ドラッグストアで購入できるような大量生産品の場合は、そういった価値は出にくい。いうまでもなく。長期に保存することで生まれる希少性や付加価値は難しいと考えたほうがよさそうや。特に日本は高温多湿な環境が多いため香水や化粧品の経年劣化が進みやすいんやで。

買取価格のポイント

売りたいと考えているのであれば、劣化する前に1日でも無駄にせず売ることをお勧めする。多くの買取店で高く売れるブランドは、シャネル、ゲラン、シャンパトゥ、クロエ、アニックグタールなど覚えておくとええで。

さらに、上記のようなメーカーで新品未使用の香水だとすると、ホームページ上でその買取価格も調べられるので一回見てみるとよいんやないかな。プチプラコスメなどで、ドラッグストアで購入したものはまず売れないので注意が必要。また、残っている量が多くある海外ブランドの香水だと、定価の30%くらいがつくこともある。公式に発表しているブランドショップが少ないためなかなか断言できないが、周囲の話から推測すると10%から30%程度の値付けをされていることが妥当だといえるで。

リサーチが大事

最後に、使いかけの香水買取ができるのかは、事前に調べておくことが得策だ。買取品目や査定基準の中で調べられる。そこに、「使いかけ・開封済み・中古香水」を買取可能と書かれていれば、買取が可能である。調べた買取店が、開封済み関して一切言及されていない場合は、香水が買取項目の中にあったとしても、新品のみの取り扱いだと解釈しなければならない。

ブランドの紙バッグ・包装紙

ブランドの正規店で購入したときに入れてもらえる紙袋(ショッピングバック)についてでいこうか。ブランド店をショッピングすると、そのブランドオリジナルの包装紙に買った商品を包んで紙バッグに入れて渡してくれるやん?エルメスならオレンジ色、シャネルなら黒の袋で入れられることが多く、ルイヴィトンなら茶色で代表される袋といえるな。紙袋というと、ごみのようなイメージがあるけれど、高級ブランドのショッピングバックの素材はブランドの顔といっても大げさではないためこだわって作られているんや。その高級ブランドの雰囲気を壊さないようにそれぞれに特徴のあるデザインになっているよな。しかし、ブランド品を購入し、中身を取り出したあとは捨ててしまう、または、棚の奥底に眠って忘れ去られる、なんてことも多いはず。そんな注目されない紙袋も、売れるなら売りたいなあ?捨てるのがもったいなくて捨てていない人、捨てずに大事に取っている人、これからブランド物を買う予定のある人は要チェックや。

ブランド商品は、 実はその商品だけではなく、 紙バッグ・包装紙の状態が良ければオークションで売ることができるんやで。単価は安いからまとめて売ると良いかもしれへんで。

買取価格のポイント

実際に、買取も5円・10円単位から対応が可能なので大量に持ち込めばまとまった金額になることも。ニーズはそれなりにありそうですが、買取を行っている店舗はそんなに多くはない。おすすめな売り方は、袋だけではなく時計やバック、アクセサリーなどが入っていた空箱と一緒に売ることや。袋単独で使わずにためておくならまとめて買取してもらうのが一番良い手段やで。買取可能な店舗も増えるかもしれへん。

オークションサイトなどで出品する手間を考えると、リサイクルショップや買取店に持っていくのがおすすめしたいなあ。かなりの枚数がたまっている場合、そこそこ高価買取してもらえる可能性があるしな。

周辺で調査した情報によるとやけどな紙袋の中で人気なのは、シャネルといわれているで。高級感とシンプルなデザイン、高級すぎない自分でも持てる感じがちょうどよいのかもしれんなあ。サブバックとして活用する場合、メインバックを邪魔しないシンプルなデザインが人気の秘密だと思われるぞ。

食器・家具

まず前提として、食器は売らない限り捨てる際にやっかいやで。

特に、食器棚は捨てるとき粗大ゴミになってしまうしな。捨てるときにも料金は500~1,500円程度かかるし、少しでも売ってごみを減らすことは経済的でコスパがよいと思うてる。

食器や家具も高い金額で買い取ってもらえるものが多いかもしれんな。特にヨーロッパのビンテージやアンティークなものは、かなりの額になるらしい。食器だったら、 「バカラ」「マイセン」「ミントン」「ノリタケ」「マイセン」とかのブランドがええみたいやな。洋食器や、有名作家・有名産地によって作陶された和食器。特に高級なレストランや料亭で使われているとなおよし。品物によっては古美術品としての価値が付くこともあるからな、家具だったら 「Cassina」「B&B Italia」のブランドやったらGOOD♪他にブランドに関係なく年代モノの家具が高額になるんやね。

買取価格のポイント

上に書いた通り、どんな買取業者でも歓迎するのは、世界的に知られる有名ブランドやで。

また超高級食器は、需要が高いから売る側から積極的に価格交渉をどんどんやってったらええと思うで。多少の日々や汚れも気にする必要ないしな。多少の欠けやヒビ割れなどのある中古品であっても、買取可能となることが多い商品になっているんやで。そしてなこのような皿は、収集家の間でも高値で取引される傾向にある。だから普通の皿とは異なる視点で買取査定に臨んだ方が良いかもしれへんな。

他にどんなんが売れるか見てみいひん?